*

シボヘールと葛の花イソフラボンスリムの違いを徹底比較!

公開日: : 最終更新日:2017/06/09 ダイエットサプリ

    

お腹の脂肪が減らせると話題の「シボヘール」と「葛の花イソフラボンスリム」を比較してみました!

どちらもお腹まわりの皮下脂肪と中性脂肪に働きかけて、脂肪を減らすことでダイエット効果が期待できるというサプリメントです。

特に30代以降の人に人気で、飲むだけでウエストが引き締まってきた、体重が減ったといううれしい効果が出ている人も多いとか!

そこで、シボヘールと葛の花イソフラボンスリムは、どこが違うのか、どんな効果があるのかを徹底比較してみました。

葛の花サプリに興味はあるけれど、どちらを選んだらいいのか迷っている人の助けになればと思います。

シボヘールと葛の花イソフラボンスリムの特徴は

シボヘール葛の花イソフラボンスリム比較1

シボヘールも葛の花イソフラボンスリムも、脂肪を減らしてくれると話題の「葛の花由来イソフラボン」が主成分のサプリメントです。

どちらも機能性表示食品

そして、どちらも一般のダイエットサポートサプリとは違うのが「機能性表示食品」であること。

パッケージを見ると、

シボヘール・・・体重・お腹の脂肪、ウエスト周囲径を減らす
葛の花イソフラボンスリム・・・お腹の脂肪に葛の花イソフラボンスリム

と明記されています。

「えっ!?こんなに堂々と書いていいの?」と思うかもしれませんが、ココが機能性表示食品とほかのダイエットサプリとの違う点です。

機能性表示食品とは、表示する機能性と安全性に関する科学的根拠が証明され、それが消費者庁に届出されている食品のこと。

シボヘールと葛の花イソフラボンスリムの場合は「お腹の脂肪の減少を助ける」という機能が実証されているということです。

臨床試験などによって脂肪を減らすことが実証されているから、その効果についてきちんと表示できるんですね。

口にするものだから、安全性や信頼性を重視したいもの。

その意味でも機能性表示食品であるシボヘールと葛の花イソフラボンスリムは安心して飲めるサプリメントといえそうです。

シボヘールと葛の花イソフラボンスリム商品概要をカンタン比較

まず、それぞれの商品概要を比べてみましょう。

 シボヘール葛の花イソフラボンスリム比較2 シボヘール葛の花イソフラボンスリム比較3
主成分 葛の花由来イソフラボン 葛の花由来イソフラボン
1日分の量 1日4粒 1日4粒
内容量 120粒(約1ヶ月分) 120粒(約1ヶ月分)
原材料 還元パラチノース、葛の花抽出物/セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素 還元パラチノース、葛の花抽出物、生姜粉末(黄金生姜)/セルロース、ビタミンC、二酸化ケイ素、ナイアシン、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1
定期購入価格 定期初回980円
2回目以降は2,808円(13%OFF)
定期初回1,480円(税込・送料込)
2回目以降は10%OFFの5,780円(税込・送料込)
通常購入価格 3,218円(税込) 6,480円
送料 無料 500円
継続条件 なし なし
機能性表示食品届出番号 B56 A163
販売会社 株式会社ハーブ健康本舗 日本第一製薬株式会社
公式ページ 詳細 詳細

ちなみに注文すると、どちらも読みやすいパンフレットや小冊子がついてきます。

葛の花イソフラボンが脂肪を減らすのに役立つ理由もわかりやすく書かれていて、読めばどちらも自信アリの商品!ということがわかりますよ。

シボヘールと葛の花イソフラボンスリムを成分で比較

ここからは、シボヘールと葛の花イソフラボンスリムの違いについて比べていきます。

配合成分に違いはあるの?

どちらも主成分は葛の花由来イソフラボン。

シボヘール効果と口コミ7

シボヘールは「葛の花抽出物」以外の有効成分は入っていません。

シボヘール葛の花イソフラボンスリム比較4
一方の葛の花イソフラボンスリムには、黄金生姜の粉末が入っているところがポイント。

体を温め脂肪燃焼を助ける効果が期待できます。

そのほかにも5種類のビタミンが配合されていて、これで1日に必要なビタミン量の半分を補ってくれるそうです。

葛の花イソフラボンスリムのほうが配合成分は多いですが、逆にシボヘールは葛の花イソフラボンだけで勝負!という自信もうかがえます。

シボヘールと葛の花イソフラボンスリムの口コミを比較


シボヘールと葛の花イソフラボンスリムを実際に飲んでいる人の口コミを見てみましょう。

シボヘールの口コミは?

やはり年をとってくるとお腹の脂肪が減らないんです。

シボヘールを飲みだしてすぐにこれは良さそう!と思って飲み続けていると確かに効果が現れました。

3カ月くらい飲んでいるとウエストが-0.6cm細くなっていたんです。

もっと細くなりたいし体系維持のためにも飲み続けたいと思います。

粒自体も大きくなく飲みやすく、お茶のような独特なにおいがありますが私は気になりませんでした。

敏感な人は多少クセがあると思うかもしれません。

また、一ヶ月飲みましたが実感は得られませんでした。

やはり三ヶ月飲み続けるのが良いかもしれません。

「お腹の脂肪が平均20㎠減った」という宣伝文句に、これなら痩せられるかもと期待を込めて購入しました。

到着して早速開けてみると、ほのかにお茶っ葉のような香りがします。

効果は、10日間飲み続けてもあまり効果はなかったのでもうやめようかと思ったのですが、便通が改善されたので、3ヶ月飲み続けています。

結果、体重は1.5kgほど減りました。

商品説明を読むと激やせができるかと期待しましたが、非常にゆるやかな効き目でした。

葛の花イソフラボンスリムの口コミは?

3年前に来ていたスーツがきつくなってきてこのままじゃスーツを買い替えないといけない・・・。

痩せよう!という事で簡単に脂肪が減らせるサプリメントを探している時に葛の花イソフラボンスリムを購入しました。

今で2カ月目ですが目立った効果はありません。

たぶんこれからかな?と思っているんですが飲んでみた感じは良さそうという印象です。

普通に体にも良さそうなサプリメントですし科学的根拠もしっかりあるので信じて飲み続けてみます。

飲み始めて3か月が経ちました。

体重に変化はありませんでしたが、 お腹周りがスッキリとしました。

効果があるからこそ、このまま続けて、綺麗なスタイルをキープしていきたいと思います。

体重も減ることを期待しています!

旦那から太り過ぎじゃない?と言われたのをきっかけにダイエットを決意しました。

ただ、効果が強すぎるサプリメントは怖いので、体に優しそうなこちらを選びました。

飲むようになってから便秘に悩むことがなくなり、気付けばお腹周りがスッキリしてきたように思います。

どちらも30代から70代と、幅広い年代の人に支持されています。

やはり2~3ヶ月続けている人にはお腹まわりがスッキリしてきた、ウエストが少し締まってきた、体重が減ったという感想が多いですね。

全体的に短期間で劇的な効果というよりも、ゆるやかだけど確実な効果、という印象です。

シボヘールと葛の花イソフラボンスリムを価格で比較

シボヘール葛の花イソフラボンスリム比較5

単品購入と定期購入の価格はどっちがお得?

葛の花イソフラボンのサプリメントの効果を最大限に発揮させるためには、毎日飲むことが基本です。

となると気になるのはやはり価格。

通常購入 価格(税込) 内容量 送料 公式ページ
カロリミットシボヘール比較2 3,218円 120粒 無料 詳細
シボヘール葛の花イソフラボンスリム比較3 6,480円 120粒 500円 詳細

シボヘールは通常価格が1袋(30日分)で3,218円(税込)、送料は無料です。

一方の葛の花イソフラボンスリムは1袋(30日分)で6,480円(税込)で、単品購入の場合は別途送料が500円かかるので合計6,980円となります。

単品購入で考えると、葛の花イソフラボンスリムはシボヘールの倍の価格になってしまいます。

では、定期購入した場合はどうでしょうか。

効果が出始めるといわれるのが3ヶ月なので3回継続して購入した場合の支払金額がどうなるかというと……

定期購入 3ヶ月総額(税+送料込) 初回(税+送料込) 2回目(税+送料込) 3回目(税+送料込) 送料 公式ページ
カロリミットシボヘール比較2 6,596円 980円 2,808円 2,808円 無料 詳細
シボヘール葛の花イソフラボンスリム比較3 13,040円 1,480円 5,780円 5,780円 無料 詳細


やはり葛の花イソフラボンスリムはちょっと高いかな…という印象ではあります。

価格で考えると、断然シボヘールのほうがお得ですね。

▶︎シボヘールの公式ページはこちら!

解約や中止の手続きは簡単にできる?

シボヘールも葛の花イソフラボンスリムも、定期購入コースの継続回数に条件はありません。

お得な初回限定価格で購入してみて、自分には合わないな…と思ったら、いつでも定期コースの解約は可能です。

このテのサプリは、最低3回~4回の継続を条件に初回価格を抑えているものも多いのですが、いつでも解約できるのはうれしいですね。

まずは1ヶ月試してみてから継続するかどうかを決めたいという人にもおすすめできます。

定期コースの解約は、シボヘールの場合は電話かインターネット(会員ページ)にて手続きできます。

注意したいのは以下の点。

・次回お届け日10日前までの連絡が必要
・電話での解約申込はスッキリライフ通販係(0120-963-882)まで
・受付時間は平日10時〜18時30分まで(土日祝は休み)
葛の花イソフラボンスリムの場合も電話で解約手続きができます。
・次回お届け日10日前までに電話連絡が必要
・解約申し込みは(0120-883-888)まで
・受付時間は平日9時30分~18時まで(日祝は休み)



どちらも、次回発送準備ができてしまうと解約が1ヶ月延びてしまうので早めの手続きがおすすめです。

シボヘールと葛の花イソフラボンスリムを比較した結果…

シボヘール葛の花イソフラボンスリム比較6

シボヘールと葛の花イソフラボンスリムをさまざまな角度から比較してみました。

どちらも信頼できる機能性表示食品で、葛の花イソフラボンによってお腹まわりの脂肪を減らすためのサポートをしてくれます。

しかも継続の縛りもないので、安心して購入できる商品といえます。

葛の花イソフラボンの含有量もどちらも35㎎で、その効果に大きな差はみられません。

どちらがいいのか迷っているなら、こんな選び方をしてみては?

とにかく気軽に始めたい!価格を抑えたい人はシボヘールがおすすめ!

シボヘール効果と飲み方4

▶︎シボヘールの公式ページはこちら!

せっかく毎日飲むんだから、いろいろな成分が摂れるほうがいい方は、葛の花イソフラボンスリムがおすすめ!

▶︎葛の花イソフラボンスリムの公式ページはこちら!

まずは3ヶ月コツコツ続けることこそ成功の鍵!

ひとつだけ注意したいのは、シボヘールも葛の花イソフラボンスリムも

「毎日きちんと飲み続けること」
「最低でも2~3ヶ月は続けること」

これが、お腹痩せへの近道です。

1週間で「痩せない!」と投げ出してしまったり、早く痩せたいからと一度にたくさん飲んでみたり、日によって飲んだり飲まなかったりというのでは効果は出にくいそうですよ。

1日4粒飲むことを続ければ、個人差はありますが3ヶ月くらいでお腹まわりスッキリを実現している人が多いのです。

どちらの商品も、最低3ヶ月の継続を勧めているのはこういった理由なのかも。

ですから、毎日4粒をコツコツ飲み続けることが基本中の基本です。

もちろん暴飲暴食はNG!

食生活にも少しは気を使ったり、軽い運動などを取り入れたりすれば意外に早く効果が見えてくるかもしれません。

シボヘールと葛の花イソフラボンスリム。脂肪を減らすことにとことんこだわるか、健康成分も一緒に摂りたいか、自分の目的に合わせて選んでみてくださいね♪

シボヘールの関連記事はこちら!

関連記事

スリムフォーは妊娠中の妊婦さんや授乳中のママでも安心?

お腹の脂肪が減らせたらどんなにうれしいことでしょう? 妊娠中や授乳中は女性ホルモンのバランスと

記事を読む

もっとすっきり生酵素口コミ体験レビュー3

もっとすっきり生酵素は危険!?副作用や安全性は?

この数年、ダイエットサプリメントの主流となりつつある「酵素」ですが、研究がすすむにつれ酵素は活性状態

記事を読む

カロリナ酵素プラスの飲み方2

カロリナ酵素プラスの実際の体験レビューと本音の口コミを大公開!

「カロリナ酵素プラスは本当に痩せるの?」 「効き目はどんなふうに現れるの?」 自分で買っ

記事を読む

メタルマッスルHMB妊娠中・授乳中3

メタルマッスルHMBの評価・評判・口コミを徹底解説

「無理なく痩せたい!」 「程よく筋肉をつけてモデルのようにスタイルアップしたい!」 それ

記事を読む

スリムフォーの定期購入の解約方法を徹底解説!

3ヶ月でお腹の脂肪がマイナス20cmを可能にしたダイエット促進サプリ「スリムフォー」。 葛の花

記事を読む

もっとすっきり生酵素はステマが多いって本当?

芸能人やモデルの間でも人気でSNSや雑誌、口コミサイトなどでも評判のもっとすっきり生酵素。 「

記事を読む

カロリーカット系サプリメント5

カロリーカット系サプリメントランキングベスト7

今度こそ痩せるぞ!と意気ごんで始めても、なかなか続かないのがダイエット。続かない理由のひとつに「食事

記事を読む

善玉菌のチカラ解約1

善玉菌のチカラの定期コースの解約方法を徹底解説!

ポッコリお腹もカスピ海ヨーグルトの生きた乳酸菌でスッキリお腹に変身する!と話題を呼んでいる、フジッコ

記事を読む

プレミアムスリムビオ体験レビュー2

プレミアムスリムビオの最安値はAmazon?楽天?公式?

腸内環境を整えてダイエットをサポートしてくれるという、今注目のサプリメント「プレミアムスリムビオ」。

記事を読む

内蔵脂肪の落とし方6

【完全版】内蔵脂肪の落とし方|有酸素運動、食事、サプリ、漢方、筋トレ、呼吸法

手足はわりと細いのに、お腹周りだけぽっこりと飛び出した体型。 もしかすると「内臓脂肪」が原因か

記事を読む

PAGE TOP ↑