*

ウォーキングダイエット効果を高める正しいフォーム(姿勢)

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 ウォーキング, 運動

    

ウォーキングダイエット長く続けているのに、思ったように体重が減らないし、歩いていると膝がいたくなるし…。そんなあなたにウォーキングでダイエット効果を高めるための2つのポイントをご紹介します。この2つのポイントを実践して、今までのウォーキングを改善し、ダイエット効果を高めましょう!

walking-workout-400

ウォーキングダイエットに効果的な2つのポイントとは?

ウォーキングでダイエット効果を高めるには2つのポイントがあります。それはずばり【フォーム(姿勢)】と【呼吸】です。これらを意識することによって、正しいフォームでウォーキングでき、より効果的にダイエットで脂肪燃焼することができます。今回はフォーム(姿勢)についてご紹介します。

walking hi

ウォーキングでダイエット効果を高める正しいフォームとは?

正しいフォームをつくるために、部位ごとのポイントをみていきましょう!

頭の上を意図でピンとはられて、みかんを頭の上にバランスよくのせている感じをイメージして、あごは軽くひき、視線は、足元ではなく前方15mほどをみることを意識しましょう。

背・肩・胸・腕

背筋をのばし、胸をはりります。肩は左右の高さを揃えて、どちらかが下がらないようにし、肩の力を抜きリラックスします。腕は90度にまげ、前後にリズムよく振りましょう。振ることによって歩幅が大きくなり、リズムにのって、スピードも速くなります。

腹、尻

おヘソから指3本4本下にある場所を丹田といいます。そこに力を入れて、重心を意識しましょう。体の中心を意識しすることは、姿勢、呼吸ともに大切です。お尻は引き締めて歩きましょう。

かかとからつま先へ、やわらかくかかとから着地にはいり、足のうらに体全体の体重をのせて、親指と親指のつけねのつま先から蹴りだすように地面から足を離しましょう。足の裏は、人間の体の中で最も敏感に感覚を感じられる場所の一つなので、体重がどこにかかっているのか常に意識しましょう。歩幅については、適正歩幅の基準は、身長-100といわれているので、迷ったときはこの数字を参考にしましょう。

ウォーキングの正しいフォームのポイントが学べる動画

短くてシンプルですが、ポイントを抑えた動画をご紹介します!

といろいろと細かくポイントを書きましたが、最初は細かいところまでこだわらずに大きな枠から意識していき、できるようになれば、細かいポイントも徐々にみていきましょう!とにかくダイエットは、楽しくリラックスしてできるところから取り組んでいきましょうね!次回は、呼吸編についてご紹介いたしますね!

関連記事

ジョギングダイエットで効果的に脚やせする方法!

ジョギングで脚やせするなら、効率よくやせたいですよね!ジョギングしても脚やせしているのかなかなか目に

記事を読む

太ももストレッチダイエット

太ももやせダイエットするためのストレッチの効果、方法とは?

女性は、下半身にお肉がつきやすいですよね!ダイエットをしても、下半身はなかなか痩せなくて・・と悩みを

記事を読む

水中ウォーキングのダイエット効果が話題に!普通に歩く二倍以上!?

なんとなく「プールでの運動」ってダイエット効果が高いのは知っているけど…これまた「なんとなく」プール

記事を読む

しなやかに痩せる!ダイエット効果抜群の縄跳びメニュー3選!

縄跳びはダイエットに効果的な運動ということをご存知ですか? 減量や、フットワーク強化のために、

記事を読む

歩くダイエットでカロリー消費せよ!日常を変える5つの方法

歩くダイエットでカロリー消費せよとていわれても、歩くダイエットをする時間や暇なんてなかなかないと思い

記事を読む

早朝ランニングがダイエットに効果的!痩せる秘訣とは?

ランニングは、ダイエットにとても有効な有酸素運動です。ダイエットをすることで、脂肪を燃焼させ、体脂肪

記事を読む

早朝ウォーキングがダイエットに効果的?時間と注意点など

早朝ウォーキングダイエットをはじめたけれど、早朝ウォーキングにはどんな効果があるの?どれぐらいの時間

記事を読む

股関節の柔軟ストレッチによるダイエット効果、方法を動画で一挙大公開!

股関節のストレッチは下半身のダイエットに効果的です。股関節には、たくさんのリンパが集中しているため、

記事を読む

ウォーキングダイエット効果を高める正しい呼吸法

前回ウォーキングダイエット効果を高める正しいフォーム(姿勢)に引き続き今回は正しい呼吸法についてご紹

記事を読む

水泳でのダイエットを効果的にするための4つのポイントとは?

水泳がダイエットに効果的だという話しは、たくさんの人が知っている事ですよね。しかし、何に、どのように

記事を読む

PAGE TOP ↑