*

水素水はダイエット効果あり?なし?おすすめの水素水を徹底解説!

公開日: : 水素水

水素水といえば、最近世間を騒がせている、一見すると怪しそうな水のことを思い浮かべる方も多いかもしれません。

しかし、水素水が持つとされる健康効果は魅力的なものが多いので、効果があるなら飲んでみたいという方もいらっしゃることと思います。

そこで今回は、水素水の効果を実際に行われた研究をベースにしてご紹介し、水素水の正しい選び方や、オススメの水素水などをご紹介していきます。

水素水はダイエットに効果なし!?

th_h4
(出典:NAVARまとめ)
以前読売新聞に「水素水の効果 実証されず」という記事が掲載されました。

また、このような報道をしているのは読売新聞だけでなく、テレビやインターネットの世界においても、水素水の効果は実証されていないとする報道や記事が多数存在しています。

ただし、ここで注意していただきたいのは、「効果が実証されていない」ことと「効果がない」こととは全くのイコールではないといことです。

医学の世界では、以前の研究では効果が実証されていなかったことが、技術や知見のアップデートにより、最近になってやっと効果が実証されたということがよく起こります。

ですので、水素水に関しても現在の技術や知見だけでは人における十分な効果が実証されていませんが、決して効果がないわけではなく、後になってやっぱり効果があった、となる可能性も多いにあるということを理解しておく必要があります。

水素水はダイエットに効果あり

さて、ここからは水素水を飲むことで期待できる効果をご紹介していきます。

水素水を飲むことで期待できる主な効果は、抗酸化作用、脂肪を燃焼させる効果、糖尿病を治療する作用です。以下で一つずつご紹介していきます。

抗酸化作用

水素水に含まれる水素には、活性酸素の発生を抑制する働きがあるとされています。

これについては広島県立大学の研究グループが報告しています。

これによると、細胞に紫外線を当てて発生する活性酸素が、水素を与えた細胞で少なかったとされています。つまり、水素には抗酸化作用があるということが明らかになったというのです。

活性酸素はシミやシワの原因になるとされていますので、水素水を飲むことでシミやシワを予防する効果が期待できるということになります。

脂肪を燃焼させる効果

また、水素水には、脂肪を燃焼させる効果があると言われています。

日本医科大学の研究者らが公表した論文では、水素水を飲むことで中性脂肪が減少し、肥満を改善することができたと報告しています。

水素水を飲むだけで脂肪を燃焼させることができるのであれば、それは非常に嬉しい効果ですよね。

糖尿病を治療する効果

また、水素水には糖尿病の予防と改善の効果があるとされています。

糖尿病の原因として、膵臓ランゲルハンス島のβ細胞の損傷があります。

この細胞はインスリンを分泌させる細胞なので、この細胞が壊れ、インスリンの分泌が少なくなることで、糖尿病を発症してしまいます。

九州大学の研究者らによる報告では、水素水はランゲルハンス島のβ細胞の損傷を防ぐ効果があるとされており、水素水を飲むことで糖尿病の予防と改善の効果が期待できます。

ただし水素水の選び方には注意が必要

さて、ここまで水素水の健康効果をご紹介してきましたが、しっかりと選ばないと、効果のない水素水を飲む羽目になってしまいます。

以下では、水素水を選ぶ時に気をつけるべきポイントについてご紹介していきます。

きちんと密閉されているか

水素水に含まれる水素は、非常に蒸発しやすい成分です。

ですので水素水を選ぶ際には、きちんと密閉されているものを選ぶようにしてください。選んではいけないのはペットボトルに入った水素水です。

ペットボトルは気体が逃げやすいので水素水を入れる容器としては適していません。

それに対して水素が逃げない容器で、水素水を入れるのに適した容器はアルミニウムパウチです。

アルミパウチに入った水素水では、保存している間に水素が逃げてしまうということはありません。

水素濃度が十分含まれているか

水素水を選ぶ際に気をつけるべきポイントとして、その水素水に含まれる水素濃度は重要です。

水素水を飲んで水素の恩恵を受けたいのであれば、多くの水素が含まれている方が良いというのは当然のことです。

常圧では、水に溶ける水素の量は1.6ppmまでだとされていますので、この量程度含まれている水素水を選ぶと十分な効果が期待できると考えて良いでしょう。

1回量が多すぎないか

水素水を選ぶ際に、意外と注意を向ける人が少ないのが水素水の1回量です。水素水は容器を1度開けてしまうと、水素の多くは逃げてしまいます。

ですので、1L容器に入った水素水をコップ1杯分ずつ飲んでいくというような飲み方をしていると、最後の方は水素が抜けた状態になってしまうため、十分な量の水素を補給できません。

1度に飲む量ずつに密閉されている水素水を選ぶべきです。

1度に飲めない量、たとえば1Lも含まれているのは選ばない方が良いでしょう。

水素水ダイエットの方法。飲み方は?

飲むタイミングは活性酸素が発生した前後

水素水を飲むタイミングは活性酸素が発生した前後がオススメです。

これは活性酸素が発生したタイミングで水素水を飲むことで、効率的に活性酸素を除去できると考えられるからです。

活性酸素が発生するタイミングは、たとえば、外出時などの紫外線による活性酸素の発生時などです。

また、運動によっても活性酸素が発生するとされているため、運動の前後で水素水を摂取すると良いでしょう。

摂取量についての制限はない

水素水を飲むにあたって、どれくらい飲めば良いとか、これ以上は飲んではいけないといった制限事項はありません。

通常の水のように1L飲んでも2L飲んでも構わないのです。

ダイエットにおすすめの水素水は?

以下では、上記で紹介した水素水の選び方にしたがって、3つの水素水の中からオススメの水素水をご紹介していきます。

今回ご紹介する水素水は以下の3つです。

ビガーフライト

水素水ダイエット1
▶高濃度水素水ビガーブライトの公式ページはこちら!

せせら

水素水ダイエット2
▶水素水「せせら」の公式ページはこちら!

メロディアン

水素水ダイエット3
▶水素たっぷりのおいしい水、メロディアンの公式ページはこちら!

まず、水素水の選び方の第一は「きちんと密閉されているか」です。

これは全ての水素水が条件を満たしています。全ての水素水がアルミパウチにて密閉されており、時間の経過による水素濃度の減少は起きづらいと考えられます。

水素水の選び方の第二は「水素水濃度が十分に含まれているか」です。

では、それぞれの水素水の水素濃度を見ていきましょう。

ビガーフライト :1.0ppm
せせら 1.4ppm
メロディアン 1.1ー1.6ppm

これらからおわかりいただけるように、ビガーフライトの水素濃度はかなり少ない値です。

水素水の効果を得るためには、水素が水に溶ける最大の濃度である1.6ppm程度の濃度をもつ水素水を選ぶのが効率的です。

この時点で、ビガーフライトはオススメできる水素水からは外れてしまいます。

では、残ったせせらとメロディアンの水素水についてみていきましょう。

水素水の選び方の第三は「1回量が多すぎないか」です。それぞれの水素水の1回量を以下に示します。

せせら 500ml
メロディアン 300ml

せせらの方が一回量が多く、メロディアンの方が少ないという結果になりました。

この結果から、オススメできる水素水はメロディアンということになります。

500mlを一回で飲みきれるという方はせせらでも構わないと思いますが、一般的に500mlを一回で飲みきるのは難しいものです。

メロディアンの300mlであれば多くの方が一回で飲みきることができるのではないでしょうか。

ということで、ダイエットなどにおいて、水素水の効果を十分に得るためには、メロディアンの水素水を飲むことををオススメします。

まとめ

いかがでしたか?水素水に関する情報はネット上にも多く流れており、どのような水素水を選べば良いかわからないという方も多いと思います。今回は水素水の効果を十分に得るために必要な、水素水の選び方をお示しし、その基準に沿った水素水をご紹介しました。ぜひ参考にしてください。

関連記事

記事はありませんでした

  • Facebook By Weblizar Powered By Weblizar
PAGE TOP ↑