*

家庭用キャビテーションおすすめランキングベスト3

公開日: : エステ

    

ダイエット方法を模索している人にはキャビテーションを耳にしたことのある方は多いと思いますが、そんなキャビテーションに家庭用があるのを知っていますか?

エステサロンで受けることが主流とされていたキャビテーションですが、それが家庭でできるとなるとどれくらいの効果があるのか、使いやすさなど気になりますよね。

ダイエッターに注目されている家庭用キャビテーションを今回は紹介していきます。

家庭用キャビテーションには向き不向きがある?!

家庭用キャビテーションおすすめランキング
冒頭で紹介した家庭用キャビテーションですが、すべての人に向いているわけではありません。

もちろんメリットとデメリットがあるので、把握したうえで使用を検討してくださいね。

こんな人におすすめ!

自宅でできる家庭用キャビテーションは低価格で便利ではありますが、やはり向き不向きがあります。

 ・自宅でマメにケアを続けられる
 ・キャビテーションをする時間をもうけることができる
 ・自分のペースでキャビテーションをしたい
 ・価格を抑えてキャビテーションをしたい
 ・エステの勧誘を受けたくない

向いている人の特徴を5つほどあげましたが、ポイントとして自分で管理してマイペースに進めたい人に向いているかと思います。

また、価格もエステサロンよりもだいぶ抑えることができるので、お手頃価格でキャビテーションを受けたいという方におすすめします。

こんな人にはおすすめしない

家庭用キャビテーションに向いてない人も中にはいます。
 ・マメに物事をすすめられない
 ・プロに任せたい
 ・計画的にダイエットを進めたい
 ・背中の施術を希望している

向いてない人の特徴を4つほどあげましたが、計画的にダイエットをしたい、また背中を希望している方だと自身の手の届く範囲では正直難しいです。

はじめから自分の当てたい部分がはっきりわかっている場合は、その部位が家庭用キャビテーションで施術可能なのか知っておくことも大切です。

家庭用キャビテーションおすすめ3選!

家庭用キャビテーションも痩身サロンと同様に、いろんな会社があります。そこで注意していただきたいのは、本当に効果のあるキャビテーションマシンを探すことです。もちろん機械に対する向き不向きがありますが、こちらでは使いやすくて、人気のある家庭用キャビテーションをご紹介したいと思います。

家庭用キャビテーション3位:ボニックPro

ボニックプロ
品名 ボニックPro
金額 初回9460円(税別)その他ジェルとのお得なセットあり)
充電形式 充電式
使用箇所 首から下全身可能
機能 ラジオ波・キャビテーション・EMS
手入れ方法 水洗いとタオル拭き
効果 温熱トリートメント・脂肪燃焼・筋肉刺激

特徴は?

・ボタン2つで操作が簡単
・なんといってもお手頃な1万円以下から!
・専用ジェルはマッサージジェルとして使用可
・ジャスミンリリーの香りで保湿・引き締め・リラックス効果も

どんな人におすすめ?

ボニックProは、プロのエステティシャンが監修した機械なのでプロ目線で作られたものを使用できるのが良いところです。

充電式なのでコードレスなのはもちろんですが、ボタンが二つだけしかないので操作も非常に簡単で、嬉しいポイントですよね。

簡単な操作のほうがいい、清潔に使いたい、とにかく初めてだから手ごろな価格から始めたい、という方におすすめです。

▶ボニックProの詳細はコチラ!

家庭用キャビテーション2位:キャビプラス

▶キャビプラス (ホワイト)をAmazonでチェック!
品名 ボニックPro
金額 初回ジェル付き29800円(税込)
充電形式 コード式
使用箇所 全身可能・顔にも施術可
機能 ラジオ波・キャビテーション・LED
手入れ方法 濡れたタオル・乾いたタオル拭き
効果 温熱トリートメント・脂肪燃焼・筋肉刺激・ハリつやアップ

特徴は?

・赤色LED搭載でお肌のハリをケアできる
・コード式なのでパワーが強い
・雑誌にも多数掲載

どんな人におすすめ?

サロンではなかなかやってもらうことのできない「顔」への施術もできるのが、キャビプラスの良いところです。

お値段もかなりお得で、出力の高いキャビテーションを使用しているので効果の高い結果が期待できる種類です。

安全でパワーのある機械で効率よくケアしたい、お肌のハリケアもしたいという方におすすめしたい製品です。

▶キャビプラス (ホワイト)をAmazonでチェック!

家庭用キャビテーション1位:キャビスパRFコアEX

▶YA-MAN HRF-17W ホワイト RFボーテ キャビスパRFコア [ボディケア美容器]をAmazonでチェック!
品名 キャビスパRFコアEX
金額 初回37000円(税別)その他ジェルとのお得なセットあり
充電形式 充電式
使用箇所 全身可能、フェイスケアモード・バストケアモード搭載
機能 ラジオ波・キャビテーション・EMS
手入れ方法 水洗いとタオル拭き
効果 温熱トリートメント・脂肪燃焼・筋肉刺激・バストのハリ

特徴は?

・お風呂での使用が可能
・2種類の周波数のEMSが可能
・バストケア専用ボタンでしっかりハリアップ
・専用ゲルはアフターケアにも使用可
・バスト用ジェルには人気のプエラリアミリフィカ根エキス配合

どんな人におすすめ?

美容家電で有名なヤーマンから発売されている最新の家庭用キャビテーションなので信頼度がとても高いです。

さらに、他社にはないダブル波EMSで効率よく全身ケアができ、バストケアモードがあるのでバストの弾力やハリも与えてくれます。

信頼性の高い製品を使用したい、全身をしっかりケアしたい、バストアップもしたい、という方におすすめです。

▶キャビスパRFコアをAmazonでチェック!

やっぱりおすすめは1位のキャビスパ!

th_p
3つの家庭用キャビテーションを紹介しましたが、やはりおすすめしたいのはヤーマンから発売されている1位のキャビスパ!

 ・体の脂肪が気になる
 ・バストのハリがなくなってきた
 ・フェイスラインが気になる

この悩みを全部まとめて1つの機器で解決できるのがキャビスパRFコアEX!

値段は紹介した中では一番高いですが、それでも全身ダイエットに加えて珍しいバストケア機能とフェイスケア機能がついているとってもお得な美容機器です。

年齢を重たりダイエットを頑張りすぎるとバストのハリや弾力がなくなってきますよね。ダイエットをしながらバストケアにフェイスケアまでできてしまうなんて、まさに夢のような機械と言えます。

冬の全身ケアは家庭用キャビテーションで!

今回は家庭用キャビテーションについてお伝えいたしました。

ケアしたいけどエステに行く時間やお金がない、自分のペースでダイエットを進めていきたい、という方に家庭用キャビテーションは最適です!

これからの寒い時期はとくにサロンに行くために家から出るのもおっくうになりますよね。

そんなときにキャビテーションが自宅にあれば空いた時間に好きな部分をケアできるので、ちょっとでも興味がある方はぜひ試してみてくださいね!

関連記事

本気ダイエットしたいなら痩身エステがおすすめ3

岡山でキャビテーションができるおすすめエステサロン5選

キャビテーションを受けたいけど、岡山でキャビテーションってどのサロンがいいのか正直わからないと悩んで

記事を読む

セルライト解消には痩身エステのキャビテーションが効果的!その理由は?

自己流のマッサージでは落とすことが難しいセルライト。 一度できてしまうとどんどん肥大してしまう

記事を読む

エステ体験お得で安い

体験エステができるお得で安いおすすめサロン3選!価格や相場は?

最近よく目にするエステの体験キャンペーンは本当にお得なのか気になったことはありませんか? 体験

記事を読む

キャビテーション有酸素運動と筋トレ3

キャビテーションに有酸素運動や筋トレをあわせると効果UPって本当!?

脂肪の燃焼をしてくれるキャビテーションですが、キャビテーションは有酸素運動や筋トレと合わせると相乗効

記事を読む

ふくらはぎキャビテーション3

滋賀でキャビテーションができるおすすめのエステサロン5選

滋賀県内でエステサロンを探していてもどこがいいのかわからないのが正直なところ… 値段とか調べた

記事を読む

エステ

久留米周辺でキャビテーションを受けられるおすすめのエステサロン5選

久留米でのエステサロンを探してもなかなかどのような基準がわからないのが正直なところ。 そこで!

記事を読む

カロリナ酵素プラス-妊婦さん4

二子玉川周辺でキャビテーションを受けられるおすすめのエステサロン5選!

二子玉川周辺でキャビテーションができるいいサロンはないかな〜と探していてもどこがいいのかわからないの

記事を読む

ふくらはぎキャビテーション2

松山でキャビテーションができるおすすめエステサロン5選

言うまでもなく、我が県のイメージといえば「みかん」と誰もが答える愛媛県。 そんな愛媛県の女性は

記事を読む

エステ

京橋周辺でキャビテーションを受けられるおすすめエステサロン5選!

京橋周辺でエステサロンを探していてもどこがいいのかわからないのが正直なところ… このエリアはエ

記事を読む

ふくらはぎキャビテーション2

町田周辺でキャビテーションを受けられるおすすめエステサロン5選

町田周辺でキャビテーションができるいいサロンはないかな〜と探していてもどこがいいのかわからないのが正

記事を読む

PAGE TOP ↑